日本における武器の輸出-国際共同開発について ー武器輸出三原則と防衛装備移転三原則ー

「春は名ばかり」といわれる立春の頃が一番寒い時期ですが-看板

水のための空間をつくる ~オランダに学ぶ気候変動適応2~

関連会合で米国のポンペオ国務長官が「中国はダム建設を通じてメコン川の流れを支配しようとしている」と発言
橋本淳司の記事一覧 - 個人 - Yahoo!ニュース

2019年『ガキ使、大晦日!絶対に笑ってはいけない青春ハイスクール24時!』感想。新しい地図との化学反応

気候変動対策を議論しにきた大臣が「ステーキを食べる」ことが非難を浴びたが 夏から秋にかけても観光地は甚大な被害を受けました

大晦日恒例の「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!絶対に笑ってはいけない企画」 ただ、正直最近はマンネリ化が激しく、内輪向けの笑いや、大物俳優出しとけばそれでええやろという姿勢が露骨で、紅白を見る時間が増えていた。 しかし、今年は面白かっ…

今年発表された料理レシピ本大賞の受賞作ラインナップは

『新サクラ大戦』レビュー。令和とは思えないゲームだけど愛せる。

「ていねいな料理」からの脱却?――今年の料理レシピ本大賞にみる「初心者に寄り添う」潮流をひも解く ゲーム 記事において「イクメン」をあまり強調しないほうがいいだろう

大正ロマン×冒険活劇×ロボット×恋愛×歌劇×時代劇×オカルト×少年漫画的熱さと様々要素が入り混じったエンターテイメント溢れる作品で、当時のSEGAがこれでもかと言えるほど徹底した作り込みを施した『サクラ大戦』シリーズは2005年に発売された『サクラ大…

小泉進次郎環境相が国連気候行動サミットに出席し

『劇場版 新幹線変形ロボ シンカリオン 未来からきた神速のALFA-X』感想。 映画シンカリオン!好きなものは好きのままで

水泳のオープンウォータースイミングのテストイベントが

「本当に好きなものは、好きなままでいいんだよ!」 これは劇中での主人公ハヤトのセリフであり、 『新幹線変形ロボ シンカリオン』というアニメ作品の大きなテーマである。 ↑悪いオタクになってしまったのでこういう説教臭い奴は鼻につくが好きなのだ (C)プ…

「M-1グランプリ2019」感想。ぺこぱの「さっき取った休憩は短かった」のワードセンス

同じく低地をもつ沿岸都市である東京はジャカルタの動きから何を学ぶべきか テレビ
地球と太陽(写真:GYRO PHOTOGRAPHY/アフロイメージマート)

最終審査発表前でのぺこぱ・松陰寺太勇さんが言った「死ぬ前に見る走馬灯の1ページ目は今日だと思っている」という言葉に、彼らの今までの苦労が凝縮されていて少し感動してしまった。しかも、1ページ目なのが更に良い。 ぺこぱはM-1グランプリに出場した今…

インドの教育機関セクモルでは気候変動を緩和
茶室に集約して描かれた人生の普遍を描いた秀作

多くの人が活動している日入時刻の遅れ(冬至に比べて38分)のほうが大きいという特徴があります

オリンピック水泳会場への汚水流入をどう防ぐか

爆豪というキャラが人気なの奇跡だと思う(あいさつ) 一話でデクをイジメており(しかも結構陰湿)ヒーロー科の生徒になった後も高圧的で短気で偉そう。 しかし、そんな普段はパーフェクト才能マンでツンケン性格クソ煮込みなのにオールマイトにガチで憧れ…

ところで「つらら」と家庭の冷蔵庫でできた氷を見比べると明らかに色が違う

『スター・ウォーズ9/スカイウォーカーの夜明け』感想。愛する者を死から救うということ

シリーズ第1作の日本公開が1978年7月ということなので、この12月で41年と5ヶ月。 私が生まれる前から始まった『スター・ウォーズ』は本作で一つの終わりを迎える事になる(ホンマか?) 正直、前作の『最後のジェダイ』は問題作だった。 『フォースの覚醒…

アニメ映画『ぼくらの7日間戦争』感想

この日韓外相会談の時間はわずか30分間の予定だ

「子どもvs大人」「抑圧された学校と自由」そういう現代ではもはやファンタジーのようなテーマで戦った1988年に公開宮沢りえ出演の実写『ぼくらの7日間戦争』から30年 細田守監督の『時をかける少女』のようにアニメとして再び映画化されることになった本作…